line
   
     
  20年ぶりのアクティacty
まだ子供が小さかった頃、アクティストリートL(M−VH)
モトコンポを積んでレジャーに良く出かけていました。
アクティストリートLはまだパワーステァリングが付いて
ない時代、ハンドルが重くて毎日が腕の筋トレでした。
シートもタイヤハウスの上に有ったため乗り心地は最悪で
した。パワーも550の時代ですから音楽を聴く事が困難
なほどふかしてました。(^^)
新型のアクティバンは、排気量もアップし全長、全幅も
新規格の軽で、なんと言ってもホイールベースが
ストリートからすると57cmも伸びてタイヤハウスが足下に
有ります。
乗り心地は向上していますがシートはやはり貨物車仕様です。
パワーは排気量アップしたぶん17ps力強くなっていますが、車重が100kg程重い。
とはいえ、当時と比べるとエアバッグ、Gコントロール、ABSなど安全性も数段向上し、
PGM−F1、LEV等エンジンも進歩しています。
'03年、荷物を積む為にセカンドカーとして'99年型の中古アクティバンを手に入れて
ボチボチと手を加えてきました。(^.^) My アクティバン の 紹介アルバムです。


 
     
私がACTY VANを選んだ理由はもちろん根っからのHONDAファン
だからでもあります。 18歳からシビック、アコード、シティ、
アクティ、 シャトル、オルティア、ロゴとHONDA一筋で
乗ってます(^.^)
木工材料、作品運ぶためにワゴンを探してやっとATの
バン見つけました。
なんと言っても助手席が折りたためてフラットになり、
2,640mmの長スペースが出来ます。
これは8尺ものを積める長さであり大変重宝です(^.^)
姉妹車のバモスは助手席のこの機能と、リヤシートのフラット機能は
付いていないので、デザイン的には気に入っているのですが、機能性ではやはりVANです!!
完璧に運搬車となっているため助手席、リヤシートはいつもたたんでいます。
運転席にレカロシートひとつが付いているだけです。
 

画像をクリックすると大きな画像が開きます      
             
         
          このページトップへ
footer